So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

埼玉県の参議院選挙にご注意を。 [レポートその他]

国会議事堂.jpg 
 わずか15ページの小さなブログにもかかわらず、48,000PVを超える方々からご訪問をいただきました。コメント欄を拝見していますと、埼玉県の地元からアクセスしていただいているビジターが多いようです。本当にありがとうございます。
 PV.jpg
 昨年の衆議院選にひきつづき、今年の夏には参議院議員選挙が予定されています。昨年、お寄せいただいた情報では、大嶋洋介候補が埼玉県北本市の市議会議員選挙に出るとのことでしたが、その事実はなくどうやら諦めたようです。
 被害者の会としましては、あまりに不誠実かつ虚言に満ちた人物を、決して地元の議会や政界などへ送るべきでないのはもちろん、立候補さえ許すべきではないと考えています。つきましては、参議院議員選挙が近づいてきたこともあり、再び「大嶋洋介参院候補事件」Linkが少しずつ世間に認知され、再び同様の被害が出ないよう、改めてコンテンツを整理したかたちで、みなさまへ提示させていただくしだいです。各タイトルクリックされると、当該のページへジャンプすることができます。

★事件の発端
 大嶋洋介参議院議員候補被害者の会とは?
 参院選立候補と事件の発端。
★事件の推移
 支払い請求の経緯と制作物。
 大嶋洋介候補の制作物。(1)
 大嶋洋介候補の制作物。(2)
 大嶋洋介候補の制作物。(3)
 大嶋洋介候補の制作物。(4)
★裁判の経過
 「大嶋洋介候補」事件裁判の推移。
 大宮簡易裁判所の裁定。
 さいたま地方裁判所による強制執行。
 さいたま地裁による強制執行の実際。
★今後の展望
 選挙に絡む制作被害に遭わないために。
 大嶋洋介候補事件に対する今後の施策と展望。

 Wikipediaの「埼玉県知事選挙」Linkにさえ被害者の会が取り上げられている現状で、臆面もなく公職選挙に立候補することなど考えられない状況のように思えますが、上記のような経緯および裁判・判決がつづく中で、平然と埼玉県知事選に立候補し、北本市の市議会議員選挙への立候補も公言しているとの情報さえ流れてくるほどですので、どのような動きを見せるかは不明です。
 二度と同じような被害が発生しないよう、被害者の会といたしましては今後とも、何度でも繰り返し注意を呼びかけるページを、こちらへアップしていきたいと考えています。


総閲覧数が31,000人を突破。 [レポートその他]

総選挙.jpg
 このブログの開設から7ヶ月という短い期間で、また、わずか14頁という少ない記事にもかかわらず、31,000人を超える方々からアクセスをいただきました。本当にありがとうございました。
counter.jpg
 このところ、総選挙がいつになるかの報道が、テレビ新聞雑誌で繰り返されていますが、大嶋洋介候補が次回の埼玉県北本市の市議会議員選挙に出ると公言している旨、当被害者の会の支援者より連絡をいただきました。
 こういうのを、何と表現したらいいのでしょう。自身が置かれている、現在の立場や状況をまったく理解できず、また埼玉県を中心とした訪問者の方々もおそらく多いのでしょう、ネットを通じて「大嶋洋介参院候補 平成22(ロ)第1779号事件」Linkが少しずつ世間に認知され、Wikipediaの「埼玉県知事選挙」Linkにさえ取り上げられている現状で、臆面もなく公職選挙に出馬するとはどのように傲慢かつ不遜な精神構造をしているものでしょうか? また、実際に当選するとでも考えているのでしょうか? 北本市の有権者も、心底なめられたものだと思います。市民のみなさんは、それほど愚かではありますまい。
 それとも、再び“売名行為”をめざした愚劣な方策の一環なのでしょうか? 二度と「被害者の会」と同様の大きな被害を生まないためにも、今後とも埼玉県の支援者のみなさんとともに、大嶋洋介候補の言動に注意を払っていきたいと考えています。


前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。